*

予約率が高いホテルサイト構築法

公開日: : 最終更新日:2014/12/16 コンテンツマーケティング , ,

ホテルサイトの予約の成約率を上げるには

ホテル業界にとって、

ホームページを活用して、

予約数は増やすことは

とても重要です。



旅行を計画する際に、

どのホテルに泊まりたいかを

インターネットでリサーチするネットユーザーが増え、

気に入ったホテルに、

そのまま予約をしてもらえれば、

顧客獲得費を低く抑えることができます。



今回は、

インターネットでホテルの情報を探すネットユーザーを対象に、

どのようなホームページを作成すると、

予約率が高くなるかを考えてみましょう。



今回ご紹介する記事では、

ホテルのホームページに求められる重要な要素を

以下の6つに分類しているので、

この流れに沿って、

使い勝手の良いホテル用の

ホームページの構築について解説したいと思います。


  1. トップページ
  2. 柔軟性
  3. サイト内検索
  4. レビュー
  5. 写真
  6. フォーム



Which hotel sites offer the best user experience?
 


1.トップページ

ホテルチェーンであれば、

さまざまな地域に自社が経営するホテルがあるため、

それらのホテルの予約をしやすい仕組みを、

トップページに掲載することがポイントです。

ネットユーザーにクリックを要求し、

そのクリック数が多くなればなるほど、

離脱率が高くなります

このことが分かっていれば、

多くのネットユーザーが

ホテルサイトを訪れる入口ページになるトップページに、

どのような情報を見やすく掲載するかが、

とても重要になってきます。



2.柔軟性

旅行の日程が完全に決まっている。

このような人は決して多くないかもしれません。

ところが、今回ご紹介している記事で

紹介されているホテルでは、

到着日と出発日を記載しなければ、

予約することができません。

これでは、日程がまだ決まっていないネットユーザーは、

このホテルを気に入ったとしても、

インターネットで予約をすることができません。

一方、ホテルによっては、

オプションで日程の変更をした場合に

予約することができるかを確認できたり、

その際のホテルの料金を表示したりということができます。

自社の予約システムの関係で、

到着日と出発日を選ばなければ、

システムが使えない。

これではお客様本意のビジネスとは言えません。

お客様ニーズに配慮して、

どれだけ柔軟に対応できるか、

そしてそれをホームページに反映できるか。

これが重要です。



3.サイト内検索

自分の旅行プランに適した

ホテルや宿泊プランを選ぶサイト内検索機能。

このサイト内検索機能も、

会社によって随分と違います。

ネットユーザーの希望に叶う

ホテルや宿泊プランがなかった場合、

どのような表示をするのか?

「該当なし」なのか

「お薦めホテルやプラン」を表示するのかによって、

ネットユーザーの印象や今後の対応が違ってきます。

自分の希望通りでなくとも、

お薦めのプランがあれば、

それを検討してみるというユーザーもきっと多いはずです。

「該当なし」では、

お客様の予約の可能性がなくなってしまいますが、

お客様の予約の可能性を少しでも高めるために、

どのようなサイト内検索の結果を表示した方が良いのか?

しっかりと検討したいものです。



4.レビュー

ネットショップでは、

商品レビュー機能を設けているケースが増えていますが、

ホテル業界では、

お客様レビューの機能を設けている

ホームページは決して多くないようです。

レビューの良し悪しによって、

ホテルの印象を損なってしまうかもしれない。

このような思いがあるのかもしれませんが、

お客様の立場で考えてみると、

レビューがあった方が、

安心して予約をしやすくなります。



5.写真

ホテル業界では、

ホームページに使う写真が、

とても重要です。

ホテルの印象に大きな影響がある写真。

どのような写真を撮影し、

ホームページでどのように掲載するのか?

高級なホテルになればなるほど、

この写真の使い方に心配りをしなければなりません。

現在利用している写真が与える印象が、

予約率に大きな影響がある

このことがわかっていれば、

写真を入れ換えて、

どの程度予約率が変化するかを

テストすることもぜひ行ないたいものです。



6.フォーム

インターネット経由の予約は、

フォームの良し悪しにかなり影響されます。

予約をしたいと思ったとしても、

フォームが使いにくければ、

予約を完了することなく、

他のサイトに行ってしまうネットユーザーが少なからずいます。

どのような予約フォームが使いやすいのか?

この点を、競合するホテルの予約フォームで確認しながら、

自社のフォームを改善するヒントにしたいものです。




私たちは、さまざまな業界の

ネットビジネスやマーケティングの

コンサルティングを行なっています。



ホテル業界のホームページのリニューアル

このような時にも、

国内外のさまざまなホテルの現状をリサーチし、

その豊富な情報に基づいてアドバイスします。

予約率の高いホテルサイトの構築。

ご一緒に頑張ってみましょう。

コンサルティングの始め方はこちらです





関連記事

icon-36969_640

特集!コンテンツマーケティングを実施するためのチェックリスト

コンテンツマーケティングの実践法 国内外で「コンテンツマーケティング」

記事を読む

shield-229112_640

将来を見通した洞察力でBtoB企業の売上がアップ

BtoB企業のマーケティング活動 企業間取引を行なうBtoB企業のマーケティング活動で

記事を読む

c778c9458c4c88bb7376c3fb00fa7297_s

特集!マーケティングオートメーションの実践プロセス

マーケティングオートメーションとは 顧客を育成して、適切なタイミングで、 営

記事を読む

blog-327072_640 (1)

ネットショップに併設したブログの4つの問題

ネットショップとブログの相乗効果のために ネットショップでは、商品販売ページだけで

記事を読む

man-257884_640

ネットショップの更新頻度と成功スコアの関係

売れている雰囲気を出すネットショップとは お客様のフィードバックに基づいて、

記事を読む



大好評!毎回【売れる仕組みを作るためのノウハウ】が満載

稼ぎ方の原理原則を読み解くネットビジネス最新動向

メールアドレス(必須)
お名前(ニックネーム可)
登録 解除

※YahooやGmailなどの無料メールアドレスや携帯電話のメールアドレスの場合、受信できないことがありますので、パソコンメールが受け取れるプロバイダーのメールアドレスがお薦めです。


blog-625833_640
B2CとB2Bのコンテンツマーケティング比較

コンテンツマーケティングの実態 メールマガジンの発行

success-600183_640
マーケティングオートメーションの良し悪し

マーケティングオートメーション構築の鍵 企業のマーケティ

mobile-phone-630320_640
40代・50代向けのスマートフォン活用ビジネス

年代別のスマートフォンビジネス スマートフォンを頻繁に利

lockers-575373_640
クリック&コレクトを利用するネットショップ事例

クリックアンドコレクトで売上アップ ネットショップで

person-110303_640
「顧客満足体験」がビジネスの鍵になる

顧客満足度の数値化 お客様が自社で提供する 商品を

→もっと見る

PAGE TOP ↑