*

PPC広告の予算配分をどの位にすれば良いのか?

公開日: : 最終更新日:2014/12/01 PPC(検索連動型広告) ,

検索連動型広告の予算配分に関する調査

マーケティング予算を、

どのように配分すると、

会社の業績を伸ばすことできるのか?

このことに悩む企業経営者や役員が多いと思いますが、

米国企業のマーケティング予算に関する調査結果を見ていると、

アドワーズ等の検索連動型広告(PPC広告)を

利用している企業の多さが目立ちます。



今回調査を行なった企業の、なんと99%がPPC広告を利用しています

これだけ多くの企業が利用しているPPC広告なので、

マーケティング効果がかなり高いということなのでしょう。

調査を行なった企業の19%は、

マーケティング予算の50%以上をPPC広告に使っています。

以下の数値が示すように、

予算の半分以上をPPC広告に使っていないとしても、

1種類の広告媒体にこれだけ多くの予算を使っているのですから、

多くの企業がPPC広告にかなり期待していることが良く分かります。



マーケティング予算の41%から50% 17%

マーケティング予算の31%から40% 14%

マーケティング予算の21%から30% 19%

マーケティング予算の11%から20% 19%

マーケティング予算の6%から10%  9%



Paid search pays off in a bigger way for online retailers
 


PPC広告の利用目的は、

ネットショップであれば商品販売、

BtoB企業であれば見込み企業獲得というように

本当にさまざまなのですが、

自社の売上を増やす仕組みの中に

どのようにPPC広告を組み入れると、

この広告媒体を効果的に使うことができるかを

事前にプランニングすることが大切です。

この事前プランニングがなければ、

PPC広告のキーワード選定

広告タイトル、

ランディングページというような

PPC広告に関わるさまざまなビジネス要素が上手くかみ合わずに

結果が出にくいということになってしまいます。



ネットユーザーにクリックされた時だけ

課金されるという特徴のあるPPC広告ですが、

やはり広告なので、費用対効果の計算が必要です

広告予算をいくらまで使っても、

商品販売で利益を出すことができるのか?

資料請求者の何パーセントが、

発注してくれるので、

見込み企業獲得費となるPPC広告費が

いくらまでなら利益を出せるのか?

このような検討を行なうことで、

PPC広告の使い方が違ってきます。



今回ご紹介したように、

PPC広告の費用対効果が高いことは間違いありません。

しかし、どのようなプランニングをして、

PPC広告を使うのかによって、

結果の良し悪しが違ってきます。



あなたの会社で、

PPC広告を効果的に使うには、

どのようなプランニングが必要になるのか?

この機会に考えてみたいと思いませんか?

私たちもご協力しますので、

利益を出しやすいPPC広告戦略を作ってみましょう。

コンサルティングの始め方はこちらです





関連記事

office-381228_640

検索連動型広告(PPC広告)の掲載順位とクリック率の違い

情報端末別の検索連動型広告のプランニング 検索エンジン経由の見込み客を集めるために、

記事を読む

search-engine-optimization-411104_640

特集!検索連動型広告と検索エンジン最適化の連動と使い分け

PPC広告とSEOの相乗効果の出し方 検索エンジンのスポンサー広告である検索連動型

記事を読む

cms-265126_640

ディスプレイ広告に関する大きな誤解

Yahoo!プロモーション広告のディスプレイ広告 今回ご紹介する記事では、

記事を読む

market-147281_640

米国でGoogleの商品リスト広告(Product Listing Ads)のCTRが好調!

商品リスト広告のクリック率について 広告がいくら表示されても ネットユーザー

記事を読む

monitor-560634_640

検索連動型広告(PPC広告)の掲載順位別クリック率

検索連動型広告(PPC広告)の費用対効果 検索エンジン最適化(SEO)の場合、

記事を読む



大好評!毎回【売れる仕組みを作るためのノウハウ】が満載

稼ぎ方の原理原則を読み解くネットビジネス最新動向

メールアドレス(必須)
お名前(ニックネーム可)
登録 解除

※YahooやGmailなどの無料メールアドレスや携帯電話のメールアドレスの場合、受信できないことがありますので、パソコンメールが受け取れるプロバイダーのメールアドレスがお薦めです。


blog-625833_640
B2CとB2Bのコンテンツマーケティング比較

コンテンツマーケティングの実態 メールマガジンの発行

success-600183_640
マーケティングオートメーションの良し悪し

マーケティングオートメーション構築の鍵 企業のマーケティ

mobile-phone-630320_640
40代・50代向けのスマートフォン活用ビジネス

年代別のスマートフォンビジネス スマートフォンを頻繁に利

lockers-575373_640
クリック&コレクトを利用するネットショップ事例

クリックアンドコレクトで売上アップ ネットショップで

person-110303_640
「顧客満足体験」がビジネスの鍵になる

顧客満足度の数値化 お客様が自社で提供する 商品を

→もっと見る

PAGE TOP ↑