*

ロイヤルティプログラムに関する最新調査事例

公開日: : 最終更新日:2014/11/30 マーケティングについて

ロイヤルティプログラムを売上アップに生かす

ロイヤルティプログラムは

さまざまな小売店で実施されていますね。

多くの人の財布の中には、

そのロイヤルティプログラム用の

カードがたくさん入っているのではないでしょうか?



このロイヤルティプログラムに関する

最新の調査結果が発表されました。

ロイヤルティプログラムがどんどん進化し、

デジタル化・モバイル化が進んでいます。

お財布の中に入れるカードではなく、

スマートフォンで利用できるアプリを使うことが、

現在のお客様ニーズにもマッチしています。



今回の調査では、59%の回答者が、

スマートフォン用のアプリがある

ロイヤルティプログラムの方が

入会しやすいと回答しています。

だからといって、

デジタルにしか対応していないロイヤルティプログラムを

望んでいるわけではありませんが、

ロイヤルティプログラムも進化し、

お客様の期待も変化しているので、

今回ご紹介するような調査結果に敏感になり、

お得意様の獲得に生かしていきたいものです



Study: Why Customers Participate in Loyalty Programs
 


それでは、今回の調査結果のハイライトをご紹介しましょう。

・なぜお客様はロイヤルティプログラムに参加するのか?

お金の節約 57.4%

ポイント等の報酬の獲得 37.5%


この2つが、

ロイヤルティプログラムに参加する主な理由になっています。

どの時代もお金の節約は、購買のインセンティブになります



ロイヤルティプログラムに参加することで、

一般の消費者よりも割引を受けられる。

通常は、ロイヤルティプログラムは無料なので、

加入して、普段の買物で割引を受けられた方が良いですね。

このことは、消費者メリットだけではく、

企業にとっても、リピート率が高まるので、

メリットがあります。



割引という直接的なお金の節約でなくとも、

ポイントや景品などの報酬を得ることも、

ロイヤルティプログラムに参加する理由になっています。

ポイントが貯まるのは、結構嬉しいですよね。

そのポイントで次回のお買物ができる。

ポイントが貯まるお客様ほど、

そのポイントを消費するために、

何度も買物をしてくれるので、

優良顧客を育てやすいというメリットもあります。



今回の調査は、従来からあるカードを発行する

ロイヤルティプログラムではなく、

アプリなどを利用する新たなタイプの

ロイヤルティプログラムについても調査した点が評価できます。



カードのみの同プログラムを好む割合が36.8%、

完全にデジタル化したプログラムを好む割合が33.3%、

「わからない」が29.9%となり、

かなり拮抗しています。

これだけスマートフォンを利用するユーザーが増えているので、

デジタル化したロイヤルティプログラムを好む人の割合が

もっと高いかと思っていましたが意外です。



ロイヤリティマーケティングは、

ファンになるお客様を増やすためにかなり有効な手法です

今回解説したように、

デジタル化・モバイル化も視野に入れて、

ロイヤリティプログラムはどんどん進化しています。

国内外のこの進化についても詳しくなり、

自社なりのロイヤリティプログラムを構築する。

大企業だけではなく、

中小企業でもロイヤリティプログラムを

導入する事例が増えているので、

ロイヤリティマーケティング戦略

私たちと一緒に作ってみたいと思いませんか?

国内外のさまざまな情報を提供し、

従来からのネットビジネスと

マーケティングのさまざまな手法もお教えします。

お客様が魅力的だと思えるロイヤリティプログラムを

ご一緒に作っていきたいと思います。

コンサルティングの始め方はこちらです





関連記事

social-371649_640

総務省調査:O2Oに関連した新たなビジネス活動

O2Oの市場規模とマーケティング オンラインとオフラインの販売チャネルを融合さ

記事を読む

surf-107863_640

特集!ドメイン管理を戦略的に考えるドメインマーケティング

ドメインマーケティングとは 企業活動をしていると、ホームページの運営管理も大切な業

記事を読む

silhouettes-142329_640

特集!カスタマーライフタイムバリューの重要性と計算式

ライフタイムバリューを追求する ライフタイムバリュー(LTV:Lifetime Val

記事を読む

budget-logo

企業向けの商品・サービスを販売している会社の予算割当て

B to B企業のマーケティング予算 企業向けの商品・サービスを販売している会社が

記事を読む

note-293184_640

プライバシーとパーソナライゼーションの兼ね合いは難しい

パーソナライゼーションを実施する注意点 個々のお客様が快適だと感じる ネット

記事を読む



大好評!毎回【売れる仕組みを作るためのノウハウ】が満載

稼ぎ方の原理原則を読み解くネットビジネス最新動向

メールアドレス(必須)
お名前(ニックネーム可)
登録 解除

※YahooやGmailなどの無料メールアドレスや携帯電話のメールアドレスの場合、受信できないことがありますので、パソコンメールが受け取れるプロバイダーのメールアドレスがお薦めです。


blog-625833_640
B2CとB2Bのコンテンツマーケティング比較

コンテンツマーケティングの実態 メールマガジンの発行

success-600183_640
マーケティングオートメーションの良し悪し

マーケティングオートメーション構築の鍵 企業のマーケティ

mobile-phone-630320_640
40代・50代向けのスマートフォン活用ビジネス

年代別のスマートフォンビジネス スマートフォンを頻繁に利

lockers-575373_640
クリック&コレクトを利用するネットショップ事例

クリックアンドコレクトで売上アップ ネットショップで

person-110303_640
「顧客満足体験」がビジネスの鍵になる

顧客満足度の数値化 お客様が自社で提供する 商品を

→もっと見る

PAGE TOP ↑