*

アメリカの景気を米国の中小企業はどのように考えているのか?

公開日: : 最終更新日:2014/07/03 リアルビジネス関連の調査結果

statue-of-liberty-267948_640

米国の景気動向が日本の経済にも影響

日本の景気に大きな影響がある米国の景気。



アメリカの会社が、

2014年の景気動向を

どのように予測し、

どのように対応しようとしているかを知っておくことは、

2014年の自社の方向性を

検討する上でとても大切です。



そこで今回は、

米国の中小企業が2014年の景気を

どのように予測しているかをご紹介しましょう。



Small Businesses Expect a Big Year in 2014



2013年に期待通りの成長をすることができた

と回答した企業は44.6%、

2012年と変わらなかったと回答した企業は33.3%、

人員削減も必要なほど

売上が減少している企業が12.1%、

期待以上の成長をすることができた

と回答した企業が10.0%と続きます。



期待通り」もしくは「期待以上」と

回答した企業の合計が54.6%となり、

2013年の企業業績が良くなっていることがわかります。



この業績を背景に、

2014年の売上がさらに良くなる

と考えている企業が80.8%にもなります。

これだけ良い景気判断をしているのは、

私たちにとっても嬉しいことですね。



これらの企業の40.8%は、2014年に

マーケティング活動に最優先で取り組む

と回答しているのも嬉しいことです。



ビジネスはトレンドに乗ることが大切です



好景気になると判断している企業が多い時に、

自社がどのようなビジネス展開をすると

売上を効率的に増やすことができるのか?



今回のコラムを参考に、

今年フォーカスする分野を検討する

良いきっかけにしてください。





関連記事

Cargo-Trolley

消費者実態調査:宅配サービスを利用するきっかけ

お客様の購買行動分析 マーケティングでは、対象とするお客様の購買行動を分析する

記事を読む

ball-163345_640

販売促進活動を行なう時は顧客マインドを考える

売上アップと顧客マインドの強い関係性 さまざまなテクニックを駆使して、

記事を読む

savings-box-161876_640

増税後の節約意識調査が発表されました

増税後の消費者行動とビジネスチャンス 消費税が8%になる前の駆け込み需要が、

記事を読む

man-290186_640

会社の売上増に貢献する熱狂的なファンの特徴

自社のファンを育てるために特徴を知る 自社で販売している商品やサービスの 熱

記事を読む

mother-407269_640

大調査!世代別のネット利用と店舗購入割合

世代別の消費者の購買行動への理解を深める 世代によって、消費者の購買行動が違い

記事を読む



blog-625833_640
B2CとB2Bのコンテンツマーケティング比較

コンテンツマーケティングの実態 メールマガジンの発行

success-600183_640
マーケティングオートメーションの良し悪し

マーケティングオートメーション構築の鍵 企業のマーケティ

mobile-phone-630320_640
40代・50代向けのスマートフォン活用ビジネス

年代別のスマートフォンビジネス スマートフォンを頻繁に利

lockers-575373_640
クリック&コレクトを利用するネットショップ事例

クリックアンドコレクトで売上アップ ネットショップで

person-110303_640
「顧客満足体験」がビジネスの鍵になる

顧客満足度の数値化 お客様が自社で提供する 商品を

→もっと見る

PAGE TOP ↑