*

返品ポリシーが購買に強く影響している

公開日: : 最終更新日:2014/09/18 マーケティングについて

返品ポリシーとネットショップの売上の関係

商品を買ってもらうために、

ネットショップのさまざまな改善を行なっていても、

返品ポリシー」の良し悪しについて

十分に検討しておかないと、

そのことが知らないうちに

購買率に大きく影響していることがあります。



今回ご紹介する記事でも、そのことが詳しく紹介されています。



Multichannel retailers need to work on their returns policies
 


イギリスでは、

店舗やネットショップなどの

複数の販売チャネルを持つ小売店の

50%は返品を受け付けていないそうです

かなり高い割合ですね。



紹介されているSports Directという

ネットショップでは、返品に対して高いハードルがあるようです。

商品によっては返品を受け付けないし

返品する場合も、その理由などを

ネットからダウンロードできる返品用の書類に

詳しく記載しなければなりません。

同サイトの返品ポリシーを読むと、

かなり返品手続が大変そうです。



一方、TopShopというネットショップでは、

受け取った商品に納得できなければ、

返金することを約束しています

郵便で返品することもできれば、

同社の店舗に返品することもできます。



この記事で紹介されている調査が、

2007年に実施された時には、

郵便でも店舗でも返品できる会社は、

20%だったそうです。

しかし、2013年の調査では、

この割合が44%に上昇し、

返品のしやすさが

お客様の満足感や購買意欲に

影響していると考える会社が増えているようです。



いくら売るためのさまざまな取組をしても、

返品がしにくければ、

ネットショップでは商品が買いにくいものです。



返品を戦略的に使うためには、

返品を受け付ける期間や条件などのさまざまな点を検討して、

魅力的な返品ポリシーを作り上げる必要があります



魅力的な返品ポリシーの作り方にはさまざまなノウハウがあります。

あなたも、あなたの会社の返品ポリシーや

ネットショップの販売状況などの現状をぜひご連絡ください。

改善方法についてご一緒に検討していきましょう。

ご連絡はこちらからです





関連記事

dollars-426026_640

企業の利益を増やすための重要な要因とは

会社の存続と倒産の大きな違い 会社が倒産に追い込まれないために、 利益を常に意識

記事を読む

mouse-84828_640

特集!カスタマージャーニーマップを使ってビジネス戦略やサイト制作に役立てる

カスタマージャーニーマップ活用法 マーケティングでは、 顧客を明確にしたビジ

記事を読む

ball-563973_640

顧客を維持するための10種類の方法

既存顧客のリピート率を上げるには 新規のお客様数を増やすよりも、 既存の顧客

記事を読む

pedagogy-194931_640

サイトリニューアルを社員教育に生かして業績アップ

スタッフのマーケティングノウハウを高めるには マーケティング担当者のスキルアップ。

記事を読む

career-215528_640

人気!ネットの資料請求率や問合せ件数を増やす効果的な方法

資料請求数も問合せ率もすぐに改善できる 企業向けの商品やサービスを販売している

記事を読む



大好評!毎回【売れる仕組みを作るためのノウハウ】が満載

稼ぎ方の原理原則を読み解くネットビジネス最新動向

メールアドレス(必須)
お名前(ニックネーム可)
登録 解除

※YahooやGmailなどの無料メールアドレスや携帯電話のメールアドレスの場合、受信できないことがありますので、パソコンメールが受け取れるプロバイダーのメールアドレスがお薦めです。


blog-625833_640
B2CとB2Bのコンテンツマーケティング比較

コンテンツマーケティングの実態 メールマガジンの発行

success-600183_640
マーケティングオートメーションの良し悪し

マーケティングオートメーション構築の鍵 企業のマーケティ

mobile-phone-630320_640
40代・50代向けのスマートフォン活用ビジネス

年代別のスマートフォンビジネス スマートフォンを頻繁に利

lockers-575373_640
クリック&コレクトを利用するネットショップ事例

クリックアンドコレクトで売上アップ ネットショップで

person-110303_640
「顧客満足体験」がビジネスの鍵になる

顧客満足度の数値化 お客様が自社で提供する 商品を

→もっと見る

PAGE TOP ↑