マーケティングコンサルタントが読み解く儲けの仕組み

2500人以上のメールマガジン読者が読んでいるお金を稼ぐためのマーケティング&ネットビジネスノウハウ

SEO(検索エンジン最適化)

最近のGoogle検索の順位変動を調査してみると・・・

投稿日:

search-engine-76519_640

検索エンジン最適化(SEO)と順位変動

検索エンジン経由で見込み客を集客する

これは、どのような業種であっても、

どのような会社であっても大切なことです。

そのため、多くの会社が、

検索結果の上位に自社サイトが表示されるように、

検索エンジン最適化(SEO)を行なっているわけですが、

Googleは頻繁にアルゴリズムの変更などを行なっているので、

検索順位がどうしても安定しないケースが増えています。

自社の検索順位が変わった時に、

それは自社だけの問題なのか、

それとも大多数のサイトに

影響したことなのかはすぐに知りたいですね。

今回ご紹介する記事では、

Googleの検索順位の変動幅計測サービスのnamaz.jpが紹介されています。

SEOしてなくてもペナルティを受ける時代が来た
 

このnamaz.jpのデータでは、

2013年12月18日と19日に、Googleの検索順位が大きく変動しました。

立ち上げたばかりで

何もSEO をしていないサイトにも

ペナルティが発動されたという事例が報告されているそうです。

それほどの変動だったのですが、

検索順位の変動は、以下の4項目に関係してきます

  1. インデックスアップデート
  2. 自サイトと他サイトとの競合環境
  3. アルゴリズムアップデート
  4. ペナルティ発動

同記事には、この4項目についての詳しい説明があります。

これらが影響して、

検索順位が変動するということを

まずは理解しておく必要がありますが、

加えて、自社サイトの検索順位の変動を

しっかりとデータに残すことも大切です。

AIMでも、自社サイトとクライアントサイトの順位変動は

1週間毎に調査し、データに残しています。

また、競合サイトの調査も同時に行なうことで、

今後のSEO施策を検討する貴重なデータにもしています。

自社が行なったSEO対策が、

検索順位に良い影響があったのか、

悪い影響があったのかは、

自社が行なっていることなので、良くわかるはずです。

さまざまなSEO対策を行ない、

そのノウハウを蓄積していくことが、

今後も平均顧客獲得費を下げることに大きく影響するので、

大変だと思いますが、継続していくしかないですね。

ただ、他のプロモーション方法も増えているので、

SEOとのバランスも考えたビジネス活動が必要です。

このようなトータルプランニング。

ご一緒に行なってみませんか?

SEO関連の競合調査なども行なう

SEOコンサルティングも行なっていますので、

こちらからご相談ください

-SEO(検索エンジン最適化)
-

執筆者: