*

特集!ネットユーザーが購入や登録などの行動を起こす販売心理学

公開日: : 最終更新日:2014/08/25 マーケティングについて

exchange-of-information-231629_640

ネットビジネスに販売心理学を生かす

ネットユーザーに商品を買ってもらったり、

メールマガジンに登録してもらったりという

何らかの行動を起こしてもらうためには

どのようなことがポイントになるのでしょうか?

さまざまなことが要因になって、

行動を起こすことになると思いますが、

今回は「説得」という視点から考えてみましょう。



今回ご紹介する記事でも、

説得」に関して4つの要因を挙げています。



5 takeaways to transform your email program



以下が説得に影響する4つの要因です。



  1. 類似点
  2. 一貫性
  3. 幸先の良いスタート
  4. 希少性



1.類似点

たとえ無意味なような類似点だとしでも、

自分が不確実な時には、

その類似点を参考にして人は行動することがあります。

確かに、他の人との類似点を探すことがありますね。

仕事の打合せを初めてする人と、

何らかの類似点を見つけて、

その場の雰囲気を和ませ、

仕事の話が上手く進むように心がける。

このようなことは多くの人が意識していることではないでしょうか?



2.一貫性

人は、一貫性のある行動を取りたいと思っています。

以前に約束したこと

「現在の価値観」などに基づいて、

一貫した行動を取ろうとするので、

ちょっとしたことを約束してもらって、

その約束に基づいた行動をとってもらうことを念頭に置いた

販売促進活動を企画することができます。



3.幸先の良いスタート

人は、何か幸先の良いスタートができると、

その後も続けようとするので

それを説得に繋げることができます。

たとえば、アンケートで

プロフィールなどを書いてもらう場合、

最初に答えやすい項目を並べて、

それらの回答を書き始めると、

たとえ回答しにくい項目が後から出てきたとしても、

アンケートを終わらせようとする心理が働きます。

確かに、一度始めてしまうと、

それをしっかりと終わらせたい

という気持ちになることがありますね。

この心理を、説得にも活用することができます。



4.希少性

これは誰もがよく経験していることだと思いますが、

残りの数が少ない」と言われると、

買おうか迷っていた商品でも、

「買ってしまおう」と思いやすいですね。

この希少性に反応する心理を利用して、

さまざまな限定品が販売されています。



見込み客や既存客に、

購買や登録などの何らかのアクションを起こしてもらう確率を高めるには、

今回ご紹介したような人の心理を上手く利用した

販売促進活動ができるようになると売上を増やしやすくなります。



販売心理学という分野も確立しているので、

しっかりと今後のビジネス活動に活用したいものですね。

この販売心理学を利用したプロモーション企画を行なってみたい。

このような時にも、ぜひ一度ご相談ください





関連記事

office-381228_640

ネット時代の新たな購買プロセスとは

顧客ニーズと購買プロセス お客様は、どのような購買プロセスを辿って、 商品を

記事を読む

american-football-336899_640

自社の強みが明確でないとマーケティング効果が出ない

営業・マーケティングの効果が出ない原因 今回ご紹介する記事では、 企業間

記事を読む

forum-27450_640

バイラルマーケティングにクイズを活用して集客アップ

バイラルマーケティングとクイズ バイラルマーケティングという言葉を 今までに

記事を読む

woman-169286_640

やはりオムニチャネル戦略の立案が緊急課題

オムニチャネル戦略プランニング 2014年2月25日に発売される 「月刊ネッ

記事を読む

social-371649_640

総務省調査:O2Oに関連した新たなビジネス活動

O2Oの市場規模とマーケティング オンラインとオフラインの販売チャネルを融合さ

記事を読む



大好評!毎回【売れる仕組みを作るためのノウハウ】が満載

稼ぎ方の原理原則を読み解くネットビジネス最新動向

メールアドレス(必須)
お名前(ニックネーム可)
登録 解除

※YahooやGmailなどの無料メールアドレスや携帯電話のメールアドレスの場合、受信できないことがありますので、パソコンメールが受け取れるプロバイダーのメールアドレスがお薦めです。


blog-625833_640
B2CとB2Bのコンテンツマーケティング比較

コンテンツマーケティングの実態 メールマガジンの発行

success-600183_640
マーケティングオートメーションの良し悪し

マーケティングオートメーション構築の鍵 企業のマーケティ

mobile-phone-630320_640
40代・50代向けのスマートフォン活用ビジネス

年代別のスマートフォンビジネス スマートフォンを頻繁に利

lockers-575373_640
クリック&コレクトを利用するネットショップ事例

クリックアンドコレクトで売上アップ ネットショップで

person-110303_640
「顧客満足体験」がビジネスの鍵になる

顧客満足度の数値化 お客様が自社で提供する 商品を

→もっと見る

PAGE TOP ↑