*

費用対効果が高くなりネット動画広告市場が急拡大

公開日: : 最終更新日:2014/08/26 ネットビジネス関連の調査結果 , ,

computer-148645_640

有望なネット動画広告市場

最近、動画を使った広告を見かける機会が増えたと感じていましたが、

調査結果でも、このことが裏付けられました。



2013年ネット動画広告市場規模は132億円、2017年には640億円まで拡大する見込み



国内のインターネット動画広告市場は、

2013年に132億円となり、

2012年と比較すると3倍以上になったそうです。



ただ、国内の全体のネット広告市場は

推定で6,576億円ということなので、

インターネット動画広告市場の規模は、全体のまだ2%です

インターネット動画広告市場が急拡大したといっても、

ネット広告市場全体で見てしまうと、まだ利用割合は少ないですね。



しかし、2017年の予測では、

インターネット動画広告市場の規模は、

640億円に達すると考えられています。

2013年の約5倍の市場規模になるので

今後も急成長していくことは間違いないようです。



消費者が、YouTubeなどの動画共有サイトを利用することに慣れ、

スマートフォンタブレットPCの利用者も増え、

動画を閲覧しやすい環境が整っています。



動きのないバナー広告よりも、

動きがある動画広告の方が説得力が高まったり、

購買意欲が刺激されたりということがあるので、

動画広告の制作費用が高くなったとしても、

費用対効果が高いということで

インターネット動画広告を利用する企業が増えていくことになるでしょう。

あなたの会社で販売する商品やサービスの

販売促進活動に生かすために、

どのような動画広告を作成すると、

インパクトがあるプロモーションになると思いますか?



海外でも、さまざまな動画広告が利用され、

それが成功事例として紹介されることも増えてきました。

このような情報もお教えしますので、

あなたの会社の動画広告戦略の立案をご一緒に考えてみませんか?

海外の成功事例がわかることで、あなたの会社に最適な広告アイデアが出てくる良い機会になるのでご依頼が増えています。

お問合せはこちらをクリックしてください





関連記事

60e9aa9c78ee008475b5aee936cbe0c4_s

電子商取引市場の各国別の成長率予想

世界各国の電子商取引市場の調査 今後の電子商取引市場の成長率。

記事を読む

tablet-313002_640

大調査!情報端末毎の集客方法別のネットショップの収益割合

異なる情報機器経由のネットショップの売上比較 携帯電話を利用しているユーザー向けに、

記事を読む

man-213507_640

新世紀世代の特徴と購買行動

新しい特徴のある消費者の購買行動 アメリカでは、2000年前後に成人した人たちを、

記事を読む

657e9cb0ca6dd6d577d743e1472eeefb_s

調査結果!ネット販売では限られた小売店が選ばれやすい

消費者に選ばれるネットショップになる 今回ご紹介する調査結果は、 アメリカだ

記事を読む

android-os-150557_640

要対策!ネットショップでもスマートフォン利用者が拡大

急増するスマートフォン利用者数とビジネス対応 パソコン利用者とスマートフォン利

記事を読む



大好評!毎回【売れる仕組みを作るためのノウハウ】が満載

稼ぎ方の原理原則を読み解くネットビジネス最新動向

メールアドレス(必須)
お名前(ニックネーム可)
登録 解除

※YahooやGmailなどの無料メールアドレスや携帯電話のメールアドレスの場合、受信できないことがありますので、パソコンメールが受け取れるプロバイダーのメールアドレスがお薦めです。


blog-625833_640
B2CとB2Bのコンテンツマーケティング比較

コンテンツマーケティングの実態 メールマガジンの発行

success-600183_640
マーケティングオートメーションの良し悪し

マーケティングオートメーション構築の鍵 企業のマーケティ

mobile-phone-630320_640
40代・50代向けのスマートフォン活用ビジネス

年代別のスマートフォンビジネス スマートフォンを頻繁に利

lockers-575373_640
クリック&コレクトを利用するネットショップ事例

クリックアンドコレクトで売上アップ ネットショップで

person-110303_640
「顧客満足体験」がビジネスの鍵になる

顧客満足度の数値化 お客様が自社で提供する 商品を

→もっと見る

PAGE TOP ↑