マーケティングコンサルタントが読み解く儲けの仕組み

2500人以上のメールマガジン読者が読んでいるお金を稼ぐためのマーケティング&ネットビジネスノウハウ

インターネット広告

注意!スマートフォン広告に対する許容度を知る

投稿日:

smartphone-159323_640

スマートフォン広告を利用する際の注意点

スマートフォンを利用するユーザーが増え、

携帯サイトで、商品を販売したり、

サービスを紹介したりという会社が増えていますが、

そのような会社は今後、

スマートフォン広告」を利用する機会が増えていくのではないでしょうか?

ただ、スマートフォンを利用してるユーザーが、

どのようなスマートフォン広告であれば

許容できるかを知っておかないと、

自社のイメージを悪くすることがあります。

スマートフォン広告を出稿する前に、

ぜひ確認しておきたいものです。

今回ご紹介する記事では、

この「スマートフォン広告に対する許容度」が紹介され、

このウェブページからPDF資料へのリンクもあります。

スマートフォン広告の出稿において知っておくべきこと
 

スマートフォン広告に対する許容度ですが、

広告が表示された時に

どのようなケースだとユーザーがストレスを感じるか

ということがわかります。

たとえば、広告のタイプ別のストレスの感じ方では、

以下の広告だと7割以上の人がストレスを感じます

  • 全面フローティング広告 76.8%
  • 覆いかぶさる方式の横長バナー広告 76.4%
  • 画面半分くらいを占める、埋め込み方式の巨大バナー広告 72.3%

スマートフォンの画面いっぱいに広告が突然表示されれば、

確かに嫌なものですね。

ストレスを感じても当然です。

この画面いっぱいの広告だけではなく、

画像面の広告面積が20%であっても

位置が中央の場合は

ストレスを感じる人が多くなっています。

広告の大きさだけではなく、

広告が表示される位置にも注意が必要ですね。

また、ネットユーザーが閲覧したサイトなどの情報に基づき、

個々のユーザー別に異なる広告を表示する

ターゲティング広告」に関しては、

年代別に随分と印象が違うようです。

「印象に残る」「好感が持てる」というような

ポジティブなイメージを持つ人は、

10代、20代、60歳以上となっていますが、

他の年代ではネガティブなイメージを持つ人が多くなっています。

スマートフォン広告は、

小さな画面のスマートフォンに表示されるので、

パソコンのような大きな画面で見た時に、

サイトの一部に表示される広告よりも、

広告認知度が高くなる反面、

ネガティブなイメージを持つ人も多いので、

自社に悪いイメージを持たれないように

スマートフォン広告を出稿する際には、

十分に注意をしたいですね。

-インターネット広告
-

執筆者: