マーケティングコンサルタントが読み解く儲けの仕組み

2500人以上のメールマガジン読者が読んでいるお金を稼ぐためのマーケティング&ネットビジネスノウハウ

SEO(検索エンジン最適化)

調査!検索エンジンの検索結果の順位決定要素とは

投稿日:

検索エンジン最適化(SEO)で知っておくべきこと

ホームページを開設していれば、

検索エンジン経由の訪問者の多少が気になりますね。

検索エンジン経由の訪問者は

広告費をかけて集客しているわけではないので、

この訪問者が商品を買ってくれたり、

資料を請求してくれたりしたら、

とても費用対効果が高いことになります。

このことがよく分かっているので、

ホームページを開設している多くの企業が、

検索エンジン最適化(SEO)に注目しているのですが

なかなか訪問者が増えない

と悩んでいる企業が少なくないはずです。

今回ご紹介する記事では、

検索エンジンのGoogleの検索結果の順位決定要因について考察しています。

Google検索順位決定要因 TOP5
 

検索結果の順位の決定要因は、

ビッグキーワード

ミドルキーワード

スモールキーワード

によって違ってくるというのです。

これらのキーワードは、月間検索頻度によって分類されています

月間検索数が30,000以上だとビッグキーワード、

月間検索数が1,000以上30,000未満だとミドルキーワード、

月間検索数が1,000未満だとスモールキーワードと定義されています。

ビッグキーワードになるほど、

他のサイトから被リンク数が大きなウェイトを占めるようになり、

ミドルキーワードでは、

Yahooブックマーク登録数が検索結果の決定要因の上位に出てきます。

スモールキーワードだと、

キーワードの出現率が、

検索結果の決定要因に大きく影響しています。

今回の分析で示されているように、

検索結果の上位に自社のサイトが表示されるためには、

どの検索キーワードにおいて、

このことが実現されるかがとても重要なポイントになります。

ビッグキーワードになるほど、

競合するサイト数が多くなるので、

検索結果の上位になる難易度が上がります。

このような状況を踏まえて、

自社の場合、

どのようなアプローチで、

検索エンジン最適化(SEO)に取り組むのかという

戦略作りがとても大切になります

ただ闇雲にSEOを行なっても、大変なだけかもしれません。

長期的な視点も含めたSEO戦略

あなたも興味がありませんか?

SEOに関しては、かなり長い間、

コンサルティングをしているので、

一度相談してみることをお薦めします

-SEO(検索エンジン最適化)
-

執筆者: