*

やはりオムニチャネル戦略の立案が緊急課題

公開日: : 最終更新日:2014/08/17 マーケティングについて ,

woman-169286_640

オムニチャネル戦略プランニング

2014年2月25日に発売される

月刊ネット販売」の原稿を、

先週書いていたのですが、

今回の原稿のタイトルは、

オムニチャネル戦略を立案する際の検討事項」でした。

アメリカの最新のマーケティング動向をリサーチしていると、

大きな流れとして、オムニチャネル化が進んでいることを実感します。

オムニチャネルとは

お客様との接点があるすべての販売チャネルや

流通チャネルが横断的でシームレスな状態になり、

お客様はどの販売チャネルでも、

違和感なく商品を買うことができる状態になることです。



今回ご紹介する記事でも、

ユーザーが店舗で商品を確認して、

実際に商品を買うのはネットショップという

ケースが増えていることが紹介されていますが、

このユーザーの購買行動はもう避けて通ることができません。



ネット時代の「リアル店舗の逆襲」



スマートフォンの普及などで、

ユーザーの購買行動が変化しているので

この顧客の変化に対応することができなければ、

多くの企業で売上が下がってしまいます。



この売上の減少を防ぐ一つの方法として

注目されているのが、「オムニチャネル」です。

店舗でも、スマートフォンでも、パソコンでも、

違和感なく商品を買いやすい状態を作り

自社のロイヤルカスタマーを増やしていきます。



オムニチャネル戦略を上手く実行しているアメリカの企業では、

顧客維持率

顧客維持コストの減少率

年間売上高の増加率」が

とても良い数値を示しています。



あなたの会社が対象とするお客様に、

どのような理想的な購買体験をしてもらうと、

どんどんお客様が増えていくのか?

この検討を通して、

オムニチャネル戦略」を作らなければならない会社が

今後も着実に増えていくはずです。

オムニチャネル化で先行している

アメリカの豊富な事例を元に、

あなたの会社に最適な「オムニチャネル戦略」の立案をサポートします

競合他社が「オムニチャネル」を実施する前に、

自社の競争力を高めるためにも、

オムニチャネル戦略」を早急に作り始めた方が良いと思いませんか?





関連記事

success-600183_640

マーケティングオートメーションの良し悪し

マーケティングオートメーション構築の鍵 企業のマーケティングプロセスにおいて、

記事を読む

social-371649_640

総務省調査:O2Oに関連した新たなビジネス活動

O2Oの市場規模とマーケティング オンラインとオフラインの販売チャネルを融合さ

記事を読む

judge-300551_640

顧客に対する理解が深まるほど小売店の売上が増える

小売店・ネットショップの顧客の理解度と売上 消費者向けに商品を販売している小売

記事を読む

qualification-76737_640

特集!インフルエンサーマーケティングとは

インフルエンサーマーケティングの活用法 ブログを利用して情報発信する人たちが増えた

記事を読む

speakers-453475_640

マルチチャネルマーケティングの全体像とは

マルチチャネルマーケティングの必要性 消費者が、インターネットにアクセスする

記事を読む



大好評!毎回【売れる仕組みを作るためのノウハウ】が満載

稼ぎ方の原理原則を読み解くネットビジネス最新動向

メールアドレス(必須)
お名前(ニックネーム可)
登録 解除

※YahooやGmailなどの無料メールアドレスや携帯電話のメールアドレスの場合、受信できないことがありますので、パソコンメールが受け取れるプロバイダーのメールアドレスがお薦めです。


blog-625833_640
B2CとB2Bのコンテンツマーケティング比較

コンテンツマーケティングの実態 メールマガジンの発行

success-600183_640
マーケティングオートメーションの良し悪し

マーケティングオートメーション構築の鍵 企業のマーケティ

mobile-phone-630320_640
40代・50代向けのスマートフォン活用ビジネス

年代別のスマートフォンビジネス スマートフォンを頻繁に利

lockers-575373_640
クリック&コレクトを利用するネットショップ事例

クリックアンドコレクトで売上アップ ネットショップで

person-110303_640
「顧客満足体験」がビジネスの鍵になる

顧客満足度の数値化 お客様が自社で提供する 商品を

→もっと見る

PAGE TOP ↑