*

特集!マーケティングオートメーションの実践プロセス

公開日: : 最終更新日:2014/08/24 コンテンツマーケティング

c778c9458c4c88bb7376c3fb00fa7297_s

マーケティングオートメーションとは

顧客を育成して、適切なタイミングで、

営業活動を行なう、

米国で話題になっている

マーケティングオートメーションについて

以前にもご紹介したことがありますが、

そのマーケティングオートメーションの

実践プロセスを解説するセミナーおよびその資料が

以下のサイトで公開されました。



Marketing Automation:
 Key challenges a global information company overcame to transform from batch and blast to persona-driven email marketing



このセミナーでフォーカスしているのは、

見込み客の人物像を具体化する「ペルソナの構築」です。



マーケティングでは、

自社が対象とするお客様を、

単なる属性分類だけではなく、

その人の趣味嗜好や生活スタイルなどにまで踏み込み、

顧客対象者をより具体化することで、

販売促進活動の効果を高めることを目指した

ペルソナの構築」を行なうことがあります。



今回は、この「ペルソナの構築」と

マーケティングオートメーション」を組合せて、

どのようなプロセスで

マーケティングオートメーションを

実施していけば良いかを解説しています。



どのような人が、自社の対象になるのか?

その人を定義するために、

さまざまなデータなどを使い、

ペルソナを作っていくことになります。



メインのペルソナだけではなく、

2番手・3番手グループとなるペルソナも検討し、

それぞれのペルソナに有益となる

コンテンツについて検討していくことになります。

具体化したペルソナが有益だと感じ、

どうしても知りたいと思うようなコンテンツを作り、

そのコンテンツ(レポートや小冊子)を得るために、

メールアドレスなどを登録してくれるように

フォームを掲載するサイトを作成します。



登録フォームには、

自社が思い描いているペルソナが

本当に登録してくれるかを確認するために、

登録者の情報を選択してもらう

プルダウン項目を掲載し、

今後のマーケティングオートメーションの

精度を高めるための情報収集も行ないます。



このような一連の流れを、

先のウェブページからリンクされている

PDF資料で確認することができるため、

マーケティングオートメーションの実践プロセス

イメージしやすくなるのではないでしょうか?



今回ご紹介している「ペルソナの構築」についても、

ご一緒に検討していきますので、

ぜひご相談ください





関連記事

cms-265127_640

必須!コンテンツマーケティングにもSEOを取り入れる

コンテンツマーケティングにもSEOは必須 集客するにしても、 自社のファンを

記事を読む

shield-229112_640

将来を見通した洞察力でBtoB企業の売上がアップ

BtoB企業のマーケティング活動 企業間取引を行なうBtoB企業のマーケティング活動で

記事を読む

problem-449364_640

コンテンツマーケティングの40種類の分析指標

コンテンツマーケティングの実践法 コンテンツが、ネットビジネスでは重要。

記事を読む

tablet-314153_640

企業サイトをマルチスクリーン対応するためのガイドライン

スマートフォンでも快適な企業サイトの閲覧 企業サイトを訪れるネットユーザーの多

記事を読む

internet-32363_640

コンテンツマーケティングの質と量を表す効果測定指標

コンテンツマーケティングの実践で必要な指標 検索エンジンが、 ネットユーザー

記事を読む



blog-625833_640
B2CとB2Bのコンテンツマーケティング比較

コンテンツマーケティングの実態 メールマガジンの発行

success-600183_640
マーケティングオートメーションの良し悪し

マーケティングオートメーション構築の鍵 企業のマーケティ

mobile-phone-630320_640
40代・50代向けのスマートフォン活用ビジネス

年代別のスマートフォンビジネス スマートフォンを頻繁に利

lockers-575373_640
クリック&コレクトを利用するネットショップ事例

クリックアンドコレクトで売上アップ ネットショップで

person-110303_640
「顧客満足体験」がビジネスの鍵になる

顧客満足度の数値化 お客様が自社で提供する 商品を

→もっと見る

PAGE TOP ↑