*

Facebook広告を小さく始めて大きく育てるプロセス

公開日: : 最終更新日:2014/07/15 SNSマーケティング

social-network-76532_640

Facebook広告の効果的な始め方

最近、国内外のメディアを見ていると、

ソーシャルメディア広告」の話題が増えています。

ソーシャルメディアを利用して、

見込み客を増やし、

今後の売上増に役立てていきたいと思う会社が増えているので、 メディアでも、

ソーシャルメディア広告」に関連した

記事が増えているのでしょうね。



今回ご紹介する記事は、

ソーシャルメディア広告」の中でも、

Facebook広告」を効果的に使おうという内容になっています。



まずは100ドルで、Facebook広告を賢く検証する



海外の記事を翻訳しているので、

この記事では、

まずは100ドル(約1万円)で始めよう

というタイトルになっています。

確かに、1万円くらいの広告費で

始めることができるのであれば、

「ソーシャルメディア広告」を

一度試してみる良いきっかけになるでしょうね。

今回は、少ない広告予算で

Facebook広告」を使ってみることを考えているので、

広告を出稿する期間を短めの1週間程度に決めて

広告を出稿する目的を具体化してから、

しっかりと効果検証できる

「Facebook広告」の利用法を薦めています。

どの広告キャンペーンでもそうですが、

最初から広告予算の大半を使うのではなく、

まずは広告予算の一部を使って、

自社が出稿する広告の検証を何回もできるように、

プランニングしておくことがとても大切です。

広告の予算が取れたからという理由で、

その大半を1回の広告で使ってしまうケースがあるのですが、

これは本当にもったいないです



どの商品・サービスを選び

どのような切り口の広告を出稿し、

どのような広告のキャッチコピーにし、

どのような特典を組合せて、

どのような人たちをターゲットにした

広告キャンペーンを何日間行なうのか?



このような検討を行なう時に、

いくつもの違う組合せのアイデアが出てくるはずです。

その中から、どの組合せが最も効果的かを判断して

出稿する広告を決めていくことになると思いますが、

この判断が正しいか否かは、

実際に広告の効果検証をしてみなければわかりません。

このことを十分に最初から理解しておき、

広告を利用する場合には、

最初は少ない広告費から始め、

広告の反応率や売上への影響が十分に分かってきてから

徐々に広告費を増やしていく。

これは、とても大切なことです。

自分の会社の広告キャンペーンをサポートしてもらえたら嬉しい

このように思う人は、ぜひご相談くださいね。

こちらをクリックしてご連絡ください





関連記事

social-349568_640

ソーシャルメディアでシェアされるには

ソーシャルメディア(SNS)で投稿効果を高める方法 ソーシャルメディアを活用して、

記事を読む

award-155595_640

SNSを使ったコンテストキャンペーンの成功事例

SNSをキャンペーンに使ってフォロワー獲得 今回は、前回ご紹介した写真共有アプ

記事を読む

pinterest-psd-login

米国ではPinterestの利用者がTwitterよりも増加

米国で注目されるPinterestの利用状況 あなたは、画像共有SNSの 「

記事を読む

architecture-21954_640

B2B企業がソーシャルメディアを効果的に使うには

企業間取引とソーシャルメディア 消費者向けの商品を販売する企業だけではなく、

記事を読む

26fde19616bb4dcf6b2a523162f7428c_s

コンバージョン率を上げる効果的なソーシャルメディア戦術

ソーシャルメディアを活用して購買率アップ ネットショップを運営していると、

記事を読む



blog-625833_640
B2CとB2Bのコンテンツマーケティング比較

コンテンツマーケティングの実態 メールマガジンの発行

success-600183_640
マーケティングオートメーションの良し悪し

マーケティングオートメーション構築の鍵 企業のマーケティ

mobile-phone-630320_640
40代・50代向けのスマートフォン活用ビジネス

年代別のスマートフォンビジネス スマートフォンを頻繁に利

lockers-575373_640
クリック&コレクトを利用するネットショップ事例

クリックアンドコレクトで売上アップ ネットショップで

person-110303_640
「顧客満足体験」がビジネスの鍵になる

顧客満足度の数値化 お客様が自社で提供する 商品を

→もっと見る

PAGE TOP ↑