*

注目!米国の中小企業がリピーター確保に事業を集中

公開日: : 最終更新日:2014/09/17 リアルビジネス関連の調査結果

リピート率の高さがビジネスを安定させる

中小企業は、新規のお客様を集めることに必死。



このように思っているかもしれませんが、

アメリカでは様子が変わってきたようです



アメリカでも、2012年に実施した調査では、

新規のお客様を獲得する活動と

既存客を維持するための活動の割合を比較してみると、

7対1の割合だったそうです。

圧倒的に、新規顧客の獲得に事業を集中していました。



ところが、2014年の最新の調査では、

アメリカの中小企業の61%が、

年間売上の半分以上が、

既存客からの売上だというのです



Small Business Owners Shift Investment from Customer Acquisition to Customer Engagement
 


なぜ、このように既存客からの売上が増えたと思いますか?



実は、米国の中小企業では、

新規のお客様を獲得するための予算が、

全マーケティング予算のわずかに14%に減少しました。

マーケティングの予算だけではなく、

新規顧客を獲得するために使う時間も、

全就業時間のわずか20%に減少しています。

新規顧客の獲得にかける予算も時間も減らし、

リピート顧客が増えるように、

予算も時間も増やしているのです。



このことは、アメリカの中小企業の

新しいトレンドとして注目されています。



マーケティングでは、

新規顧客の獲得費は

既存顧客を維持する費用の

約5倍になると考えられています。

もちろん、業界や競合状況によっても、

この費用は違ってきますが、

新規顧客を獲得するよりも、

既存顧客の流出を防ぐ対策費にお金をかけた方が

費用対効果が高くなるのです

その上、新規顧客の平均購入額よりも、

既存顧客の平均購入額の方が高くなるのが一般的です

初めて購入するお店では、

どうしても不安な気持ちがあるため、

新規顧客の平均購入額はそれほど高くなりません。

しかし、一度問題なく注文できたということを経験すると、

次からの注文では、安心して注文ができるので、購入額が増えていきます。



既存客を維持するためのコストの方が安く、

リピーターの購入額の方が高くなるのであれば、

アメリカの会社がこのことに気づき、

リピーター確保に事業を集中していることが納得できますね

マーケティングに詳しい人であれば、

これは常識なので、

リピーター確保に多くの予算も時間も使うことは、

効率的なビジネス活動に欠かせません。



あなたの会社では、

リピーター確保に多くの予算と時間を使っているでしょうか?

現状を分析して、

より効率的に売上を増やす仕組みをご一緒に作ってみたいと思いませんか?

まずはこちからご相談していただくことをお薦めします





関連記事

savings-box-161876_640

増税後の節約意識調査が発表されました

増税後の消費者行動とビジネスチャンス 消費税が8%になる前の駆け込み需要が、

記事を読む

mercedes-324744_640

価格競争に巻き込まれないブランド力

低価格にならないためにブランド力アップ 自社のブランド力を高める。

記事を読む

ball-163345_640

販売促進活動を行なう時は顧客マインドを考える

売上アップと顧客マインドの強い関係性 さまざまなテクニックを駆使して、

記事を読む

6ff6f06abd91409354810a8cdebcae40_s

バブル世代のライフスタイルと購買動向の調査結果

バブル世代をターゲットにしたビジネスのために 1980年代は景気が好調で、

記事を読む

2f15c969356b1b4190ccc2711b2be6a6-businessman-working-on-the-currency-chart-line

アメリカの消費者が考える2014年の景気予測

アメリカの景気予測と消費者動向 アメリカのRetailMeNot社が 消費者

記事を読む



大好評!毎回【売れる仕組みを作るためのノウハウ】が満載

稼ぎ方の原理原則を読み解くネットビジネス最新動向

メールアドレス(必須)
お名前(ニックネーム可)
登録 解除

※YahooやGmailなどの無料メールアドレスや携帯電話のメールアドレスの場合、受信できないことがありますので、パソコンメールが受け取れるプロバイダーのメールアドレスがお薦めです。


blog-625833_640
B2CとB2Bのコンテンツマーケティング比較

コンテンツマーケティングの実態 メールマガジンの発行

success-600183_640
マーケティングオートメーションの良し悪し

マーケティングオートメーション構築の鍵 企業のマーケティ

mobile-phone-630320_640
40代・50代向けのスマートフォン活用ビジネス

年代別のスマートフォンビジネス スマートフォンを頻繁に利

lockers-575373_640
クリック&コレクトを利用するネットショップ事例

クリックアンドコレクトで売上アップ ネットショップで

person-110303_640
「顧客満足体験」がビジネスの鍵になる

顧客満足度の数値化 お客様が自社で提供する 商品を

→もっと見る

PAGE TOP ↑