マーケティングコンサルタントが読み解く儲けの仕組み

2500人以上のメールマガジン読者が読んでいるお金を稼ぐためのマーケティング&ネットビジネスノウハウ

ネット販売

特集!売上に大きな影響がある顧客レビューの実態

投稿日:

32c60589c3be89edddaf3c1dfe748935_s

顧客レビューの活用でネット販売の売上アップ

インターネットのウェブページを活用して、

商品を販売したり、

サービスの申し込みを受け付けたりする場合、

すでに利用している既存客の「顧客レビュー」は

これから利用しようと考えている

見込み客の購買に大きな影響があります。

あなたも、インターネットで買い物をしようとした時には、

商品レビューを、かなり参考にしているのではないでしょうか?

今回ご紹介する記事では、

「商品を買って良かった」というレビューや

「買って後悔している」というレビューに関する調査結果を紹介しています。

Online Reviewers Lean Toward Good, Mixed Feedback over Negative

オンラインレビューに関しては、

既存客の投稿数を増やす方法も、

見込み客の購買率を高める方法もあるのですが、

お客様がどのような時に、

どのような思いで

レビューを投稿しようと思うかを理解し、

今後のプロモーション活動に

生かしていくことも大切です。

まずは、先の記事で、

オンラインレビューのタイプについて確認してみましょう。

良かったというレビューの割合:54%

中立的なレビューの割合:12%

良い点・悪い点が書かれているレビューの割合:57%

悪い点が書かれているレビューの割合:21%

多くのレビューは好意的なことが書かれていることが多いとわかりますが、

一方で、悪い点が書かれているレビューも21%あるので、

レビュー機能を自社のサイトに設ける時には、

このことも念頭に、レビューを活用していくための

プランニングをしていかなければなりません。

国内のネットショップでも、

送料無料やプレゼントなどを条件に、

レビューを依頼するプロモーション活動をしている会社を良く見かけます。

送料無料にして、利益を削ってでもレビュー数を増やしたい。

これは、自分たちが販売している商品や

サービスの質に自信がなければなかなかできません。

せっかくレビューを書いてもらっても、

前述の調査結果が示すように、

悪い点が書かれる投稿数が増えたのでは

せっかく送料無料にしたのに、

マイナスの影響が出る可能性があります。

ただし、良い内容の投稿ばかりのレビューでは

「これらのレビュー、本当?」

という疑念をネットユーザーに与えることもあるので、

悪いレビューに関しても、

それを改善することに役立てていけば、

必ずしもマイナスなことばかりではありません。

お客様のレビューは、

今後の売上に大きなインパクトがあるので、

良いレビューをたくさん投稿してもらうために、

どのような仕組みが必要になるかを検討することは、

優先順位がかなり高い検討課題になるはずです。

ネットショップだけではなく

資料請求や会員ビジネスにおいても、

レビューを活用して、

売上を増やすことができるので、

私たちとご一緒に検討してみませんか?

⇒ 「AIMへのご相談はこちらから

-ネット販売
-

執筆者: