*

メールマーケティングの効果を高める3つのポイント

公開日: : 最終更新日:2014/08/04 メールマーケティング

0f2890d83857f2d3e50d317c4ef807c2_s

メールマーケティングのテクニック

国内外でさまざまなビジネスセミナーが開催されていますが、

今回は、ラスベガスで開催された

Email Summit 2013」の講演を

動画で見ることができるサイトをご紹介します。



この「Email Summit 2013」では、

メールマーケティングのさまざまなノウハウを学ぶことができます。



今回ご紹介する講演は、

メールマーケティングで大切な3つのポイントを解説しています。



Email Marketing: Using analytics and data to foster conversations with customers



多くの会社では、メールの活用法が不十分です

メールマーケティングに関連したデータ分析が嫌いで、

メールマガジン等をビジネス活動に使っていても

さまざまなメールを使い分けることがないので、

読者がどのようなことを期待しているかがわかっていません。



さまざまなメールを使い分けることができるようになると、

メール内容とクリック数の関連性などがよくわかるようになり、

メールを受け取るネットユーザーが、

「期待していること」と

「期待していないこと」を判断しやすくなります。



今回の講演では、メールマーケティングで

以下の3つが重要なキーワードになると解説しています。



  • Personal(特定の個人に向けた)
  • Timely(タイムリーな)
  • Relevant(関連性のある)


この3つは、メールマーケティングでは、本当に重要で、

すべての読者に同じメールを配信するのではなく、

特定の個人に向けてメールを配信した方が

効果が高くなることは容易に想像できるはずです。

さらに、同じ特定の個人に向けてメールするのも、

その人の関心が高まっている時にメールを出すのか

関心がない時にメールを出すのかによって、

メール読者の反応が大きく違ってくることもわかりやすいはずです。



最後に、関連性もとても大切です

特定の個人が

「関心のある商品を紹介するのか」、

「関心がない商品を紹介するのか」でも、

ネットユーザーの反応は全然違います。



このことが良く分かっていれば、

特定の個人に向けて、

タイムリーな関連性の高いメールを配信するために、

どのような検討を行なえば良いかを考えやすくなりますね。



  • メール配信システムの選定
  • メール配信効果を確認する分析項目の検討
  • メール読者の集め方
  • 読者のセグメンテーション
  • 配信するメールの種類
  • メール配信内容


このようなさまざまな検討を具体化していくことで、

メールマーケティングの効果が高まり、

会社の売上が増えていきます。

メールマーケティングは

費用対効果がもっとも高い分野だと

多くの経営者やマーケッターが考えています。



あなたの会社でも、

重点的に取り組むビジネス活動だと考えて、

あなたの会社に最適化した仕組み

1日も早く作り上げることをお薦めします。

私たちもご協力しますので、こちらからご連絡ください





関連記事

rose-66456_640

収益アップ!お客様との関係強化に役立てるメール活用法

お客様をファンにするメールを活用した秘策 自社のお客様との関係を強化することで

記事を読む

dresses-53319_640

アパレル・ファッション関連業界のメールマーケティングの実態

アパレル業界の特徴的なメール活用法 今回は、イギリスのアパレル業界が、 どの

記事を読む

email-email-447458_640

メールマーケティングの効果測定指標一覧

メールマーケティングを分析するには メールをビジネス活動に使うメールマーケティングでは

記事を読む

easter-84024_640

開封率もクリック率も改善:クーポン付きメールの効果

メールマガジン等の開封率・クリック率改善法 メールマガジンを発行していて、

記事を読む

annual-report-61851_640

業界別のメール開封率とクリック率

メールマーケティングの効果測定指標 メールマーケティング活動をしていると、

記事を読む



大好評!毎回【売れる仕組みを作るためのノウハウ】が満載

稼ぎ方の原理原則を読み解くネットビジネス最新動向

メールアドレス(必須)
お名前(ニックネーム可)
登録 解除

※YahooやGmailなどの無料メールアドレスや携帯電話のメールアドレスの場合、受信できないことがありますので、パソコンメールが受け取れるプロバイダーのメールアドレスがお薦めです。


blog-625833_640
B2CとB2Bのコンテンツマーケティング比較

コンテンツマーケティングの実態 メールマガジンの発行

success-600183_640
マーケティングオートメーションの良し悪し

マーケティングオートメーション構築の鍵 企業のマーケティ

mobile-phone-630320_640
40代・50代向けのスマートフォン活用ビジネス

年代別のスマートフォンビジネス スマートフォンを頻繁に利

lockers-575373_640
クリック&コレクトを利用するネットショップ事例

クリックアンドコレクトで売上アップ ネットショップで

person-110303_640
「顧客満足体験」がビジネスの鍵になる

顧客満足度の数値化 お客様が自社で提供する 商品を

→もっと見る

PAGE TOP ↑