*

2014年にマーケティング活動する上で無視できない調査結果

公開日: : 最終更新日:2014/07/02 ネットビジネス関連の調査結果 , ,

注目されているマーケティング活動とは

2014年の各社のマーケティング活動

気になりますね。

今回は、2014年のマーケティング活動に関する

米国の調査結果を良くまとめてある記事をご紹介しましょう。



▼ 20 Fascinating Statistics About Marketing in 2014
 


特に注目されているのは、

コンテンツマーケティングに関してです。

約50%の企業は、

すでにコンテンツマーケティング戦略を作り、

2014年に本格的に取り組もうとしています。



コンテンツマーケティングでは、

ブログ、Twitter、Facebookなどの媒体を使い、

コラムなどで継続的に情報発信していくことで、

見込み客を集め、

メール等で継続的にコンタクトしたり、

コミュニケーションを図ったり

という活動を通して、

どんどん顧客化していきます。



先の記事でも、

ブログを公開しているBtoB企業は、

ブログを使っていない企業よりも

67%も多くの見込み客を集めているという

調査結果が紹介されています。

(BtoB企業:企業向けのビジネス活動をしている企業)



検索エンジンが、

有益な情報を発信している

ウェブサイトに対して評価を高め、

検索結果の上位に表示する傾向を強めているため、

コンテンツマーケティングが

ますます注目されているのです。



ネットビジネスで先行する米国の企業は、

どのようなことを考え、

どのような分野に

予算を多く使おうとしているのか?



このような情報にも敏感になり、

競合会社よりも一歩先を行く

ビジネス活動をしていきたいものですね。





関連記事

tablet-313002_640

大調査!情報端末毎の集客方法別のネットショップの収益割合

異なる情報機器経由のネットショップの売上比較 携帯電話を利用しているユーザー向けに、

記事を読む

computer-148645_640

費用対効果が高くなりネット動画広告市場が急拡大

有望なネット動画広告市場 最近、動画を使った広告を見かける機会が増えたと感じていま

記事を読む

tablet-184888_640

タブレットPCに対する消費者ニーズの実態

タブレットPCの利用実態の把握で新たなビジネスへ 自社が対象とするお客様層が、

記事を読む

iphone-4-381203_640

特集!スマートフォンユーザーの購買行動に対応するには

スマートフォンユーザーの売れ筋商品と購入場所 スマートフォンを利用して、ネットショ

記事を読む

network-94222_640

情報通信メディアの利用時間と情報行動の発表

情報通信メディアと消費者行動 総務省より、 情報通信メディアの利用時間と

記事を読む



大好評!毎回【売れる仕組みを作るためのノウハウ】が満載

稼ぎ方の原理原則を読み解くネットビジネス最新動向

メールアドレス(必須)
お名前(ニックネーム可)
登録 解除

※YahooやGmailなどの無料メールアドレスや携帯電話のメールアドレスの場合、受信できないことがありますので、パソコンメールが受け取れるプロバイダーのメールアドレスがお薦めです。


blog-625833_640
B2CとB2Bのコンテンツマーケティング比較

コンテンツマーケティングの実態 メールマガジンの発行

success-600183_640
マーケティングオートメーションの良し悪し

マーケティングオートメーション構築の鍵 企業のマーケティ

mobile-phone-630320_640
40代・50代向けのスマートフォン活用ビジネス

年代別のスマートフォンビジネス スマートフォンを頻繁に利

lockers-575373_640
クリック&コレクトを利用するネットショップ事例

クリックアンドコレクトで売上アップ ネットショップで

person-110303_640
「顧客満足体験」がビジネスの鍵になる

顧客満足度の数値化 お客様が自社で提供する 商品を

→もっと見る

PAGE TOP ↑