*

必見!マーケティングの真髄とは何か?

公開日: : 最終更新日:2014/07/02 マーケティングについて

日本企業のマーケティングが失敗する理由を解説

私は、マーケティングのコンサルタントですが、

マーケティングという言葉を

良く見聞きするけれども、

どのような仕事をしているのですか?

このような質問を受けることがあります。

マーケティングとは何か?

このことがわかっていなければ、

先のような質問をするのも当然ですね。



そこで今回は、

以下の記事をご紹介して、

最近のマーケティングについて解説しましょう。



日本企業のマーケティングがよく失敗する理由



この記事では、

広義のマーケティングとして、

以下の6つの項目が紹介されています。



1.サービスが売れるために顧客のニーズを知るための「調査

2.ニーズに合った商品をつくる「プロダクトマーケティング

3.顧客が存在を知り、特徴を理解する「広告、宣伝、営業

4.消費者に手に入りやすいような流通確保や見やすい商品展示を行う「チャネルマーケティング

5.適切な価格で提供する「価格政策

6.再購買する顧客維持のための「カスタマーサポート


それぞれの項目で

知っておくべきことを解説したら

いくら時間があっても足りませんが、

これらのマーケティングを実施する上で、

最近注目されているのが、

顧客体験」です。



顧客体験とマーケティング

この商品を買ったときに、

お客様がどのような体験をし、

その体験が満足感を高め、

どのようにお客様の生活を

豊かにしていくのか?

このことが抜け落ちている

マーケティング戦略では、

いくら自分たちが良い商品

良いサービスだと

思っているものを開発しても、

なかなか売れません。

いくら前述の6つのプロセスを経ても

売れる商品・サービスにはなかなか育ちません。

顧客体験を念頭に置いた

ストーリー作り」が上手く出来なければ、

効果的なマーケティング活動が

できないということです。

マーケティングの難しさ。

これは、顧客体験に強く結び付く、

ユーザーニーズが時代とともに

変化するからです。

この変化に気づかずに、

マーケティングの仕組みを作ろうとしても、

上手く行きません。

ご注意ください。





関連記事

silhouettes-142329_640

特集!カスタマーライフタイムバリューの重要性と計算式

ライフタイムバリューを追求する ライフタイムバリュー(LTV:Lifetime Val

記事を読む

beautiful-15728_640

返品ポリシーが購買に強く影響している

返品ポリシーとネットショップの売上の関係 商品を買ってもらうために、 ネ

記事を読む

bag-15841_640

顧客対象者の具体化がマーケティングでは必須

顧客がわかっていないと失敗する マーケティング活動で、 納得できる結果を出す

記事を読む

checklist-152131_640

調査結果!2014年に優先的に取り組みたいネットビジネス活動

ネットビジネスの最優先課題とは あなたは、2014年に優先的に取り組みたいネッ

記事を読む

problem-67054_640

A/Bテストの実施状況調査:テストの重要性の認識が不十分

A/Bテストによってネットビジネスを改善 自分たちが考えている通りのキャンペー

記事を読む



大好評!毎回【売れる仕組みを作るためのノウハウ】が満載

稼ぎ方の原理原則を読み解くネットビジネス最新動向

メールアドレス(必須)
お名前(ニックネーム可)
登録 解除

※YahooやGmailなどの無料メールアドレスや携帯電話のメールアドレスの場合、受信できないことがありますので、パソコンメールが受け取れるプロバイダーのメールアドレスがお薦めです。


blog-625833_640
B2CとB2Bのコンテンツマーケティング比較

コンテンツマーケティングの実態 メールマガジンの発行

success-600183_640
マーケティングオートメーションの良し悪し

マーケティングオートメーション構築の鍵 企業のマーケティ

mobile-phone-630320_640
40代・50代向けのスマートフォン活用ビジネス

年代別のスマートフォンビジネス スマートフォンを頻繁に利

lockers-575373_640
クリック&コレクトを利用するネットショップ事例

クリックアンドコレクトで売上アップ ネットショップで

person-110303_640
「顧客満足体験」がビジネスの鍵になる

顧客満足度の数値化 お客様が自社で提供する 商品を

→もっと見る

PAGE TOP ↑