*

アクセス解析で新規訪問者と再訪問者の割合に注目

公開日: : 最終更新日:2014/12/24 アクセス解析 , ,

アクセス解析の分析力を高めるには

ホームページの運営に関わっていると、

ネットビジネスの改善を行なうために、

アクセス解析を行なうことが必須です



ところが、アクセス解析のデータを、

ネットビジネスの改善にあまり役立てていない

という話を聞く機会があります。

これは、本当にもったいないことですね



ネットショップの注文状況や

サイトからの問い合わせや資料請求という結果にフォーカスして、

ネットビジネスの改善を直感で行なう

というのも一つの方法だと思いますが、

これにアクセス解析のデータも加味すれば、

かなり精度の高い改善策を実施することができます。



アクセス解析では、

さまざまな項目に注目して分析することになるのですが、

今回は、「新規訪問者」と「再訪問者」の

割合に注目して考えてみましょう。



なお今回は、海外のネットショップの

再訪問者の割合に関する調査結果もあるので、

それもご紹介しつつ、

再訪問者の割合を高める重要性について解説したいと思います。



Ecommerce Research Chart: Returning visitors
 


今回の調査では、

再訪問者の割合が増えているネットショップ、

横ばいのネットショップ、

減っているネットショップに分類して

再訪問者の割合」を分析しています。

今回調査を行なった企業の44%は、

再訪問者の割合が増えています。

横ばいだという企業の割合は53%、

減っているという企業の割合は3%でした。

さらに、再訪問者の割合が増えている企業の

再訪問率の平均は39.06%、中央値が35%、

横ばいだという企業の

再訪問率の平均は35.22%、中央値が30%、

減っているという企業の

再訪問率の平均は29.46%、中央値が30%

となっています。



あなたの会社のネットショップと比較するとどうでしょうか?

今回のような他社と比較できるデータは貴重なので、

この機会に、

自社のアクセス解析ツールのデータとぜひ比較してください。



なぜ今回、「再訪問者の割合」に注目しているかですが、

企業の利益は、リピーターが多ければ多いほど増えていきますね

このことがわかっていれば、

サイトの訪問者の割合も、

新規訪問者と再訪問者の割合を比較した時に、

再訪問者の割合が徐々に増えるように、

ビジネス活動をしていかなければなりません。



新規の訪問者を増やす方法と、再訪問者を増やす方法は違います

この違いを意識して、

再訪問者が増えるビジネス活動にも注力していかなければ、

いつまでも新規のお客様を増やすために

顧客獲得費が高い状態が続き、

多くの利益を出すことが難しくなってしまいます。



このような状態にならないために、

アクセス解析で、

再訪問者の割合が、

どのように変化しているかを、

日々確認することが大切です。

アクセス解析は、

どのアクセス解析ツールを利用するかによって、

分析の内容が違ってきます。

このアクセス解析ツールの選定や

アクセス解析方法についてもお教えします。



AIMで執筆した

「ネットビジネス経営講座『売れない理由』の見つけ方」(翔泳社)は、

アクセス解析に関連した書籍です

この書籍もプレゼントしますので、

ご一緒にアクセス解析を行なってみましょう。

新たなことに気づいて、

今後の売上を倍増させる良いきっかけになりますので・・・

「コンサルティングの始め方」はこちらです





関連記事

magnifying-glass-64267_640

GoogleアナリティクスとYahoo!アクセス解析の比較

ネットビジネスに不可欠なアクセス解析ツールによる効果測定 ホームページを利用して

記事を読む

shopping-cart-371979_640

ショッピングカート放棄率を改善したケーススタディ

ネットショップのショッピングカート放棄率改善法 ネットショップで、 ショッピ

記事を読む

tick-313589_640

コンバージョンレートが高い企業と低い企業の違い

コンバージョン率の高低の原因 購買率や成約率を表すコンバージョンレート。

記事を読む

e-commerce-402822_640

ネットショップ各社のコンバージョンレートと新たな発見

他のネットショップのコンバージョン率 ネットショップを運営していると、

記事を読む

test-13394_640

A/Bテスト事例;どちらのクリック率が高いか?

A/Bテストを効果的に実践する方法 お金をかけて行なう広告キャンペーン。

記事を読む



大好評!毎回【売れる仕組みを作るためのノウハウ】が満載

稼ぎ方の原理原則を読み解くネットビジネス最新動向

メールアドレス(必須)
お名前(ニックネーム可)
登録 解除

※YahooやGmailなどの無料メールアドレスや携帯電話のメールアドレスの場合、受信できないことがありますので、パソコンメールが受け取れるプロバイダーのメールアドレスがお薦めです。


blog-625833_640
B2CとB2Bのコンテンツマーケティング比較

コンテンツマーケティングの実態 メールマガジンの発行

success-600183_640
マーケティングオートメーションの良し悪し

マーケティングオートメーション構築の鍵 企業のマーケティ

mobile-phone-630320_640
40代・50代向けのスマートフォン活用ビジネス

年代別のスマートフォンビジネス スマートフォンを頻繁に利

lockers-575373_640
クリック&コレクトを利用するネットショップ事例

クリックアンドコレクトで売上アップ ネットショップで

person-110303_640
「顧客満足体験」がビジネスの鍵になる

顧客満足度の数値化 お客様が自社で提供する 商品を

→もっと見る

PAGE TOP ↑