*

O2Oとは何か? そしてその利用状況の実態とは

公開日: : 最終更新日:2014/08/29 ネットビジネス関連の調査結果 ,

network-150919_640

O2Oの意味と活用法

O2O」という言葉を聞いたことがあるでしょうか?



O2Oとは、「Online to Offline」の略で

オンラインとオフラインを融合したビジネス活動を示しています。



だいぶ前には、

クリック・アンド・モルタルという言葉もありましたが、

最近はスマートフォンの普及から

オンラインがオフラインの行動に繋がるだけではなく、

さらにオンラインの情報共有にも繋がっていくので、

O2Oが使われるケースが多くなっています。



今回は、このO2Oサービスが実際に、

どの程度消費者に利用されているかを調べた調査結果をご紹介します。



O2Oサービス利用状況調査
 


O2Oサービスに関連した

アプリを利用したことがある人の割合は43%。

そのアプリで入手した特典を、

店舗で利用したことがある人の割合は35.6%という結果でした

最も利用が多いのは、

飲食店のクーポンを入手してから

そのレストランに行って、

飲食代を割り引いてもらったり、

飲み物をサービスしてもらったりというケースです。

他にも、「セール情報」や「新商品情報」がO2Oアプリで届き、

それがきっかけとなり店舗を訪れるというケースも増えているようです。



また、まだ利用率は少ないのですが、

お店で商品のサンプルを受け取れる情報を、

O2Oアプリで入手できれば、

そのサンプルを受け取るために、

お店に行きたいという人も55.6%いたので、今後に期待できますね。



今回ご紹介している、

オンラインとオフラインを融合させた消費者行動は、

まだまだ新しいトレンドですが、

今後この消費者行動が定着し、

スマートフォンで入手した情報がきっかけとなり、

店舗を訪れる人が増えることは確かでしょう。



ただ、商品を販売している小売店では、

実際に商品を手に取るのはお店だけれども、

買うのはネットショップという

お店のショールーム化」が問題になっているので

これをどう解決していくかが今後の課題です。



海外でも、この「ショールーム化」を解決するための

さまざまな取り組みが行なわれてきているので、

私たちとこれらの情報を共有しながら、

今後のO2Oサービスについて考えてみませんか?

ご相談は、こちらから行なうことができます





関連記事

best-seller-158885_640

特集!物販ジャンルの通信販売市場の実態と今後

通信販売市場の規模と今後 インターネット通販は、 すでに多くの会社にとっても

記事を読む

tablet-313002_640

大調査!情報端末毎の集客方法別のネットショップの収益割合

異なる情報機器経由のネットショップの売上比較 携帯電話を利用しているユーザー向けに、

記事を読む

iphone-4-381203_640

特集!スマートフォンユーザーの購買行動に対応するには

スマートフォンユーザーの売れ筋商品と購入場所 スマートフォンを利用して、ネットショ

記事を読む

euro-76012_640

調査結果!ヨーロッパにおけるスマートフォンによる購買行動

スマートフォンによる購買行動調査 スマートフォンで商品を購入する。

記事を読む

android-os-150557_640

要対策!ネットショップでもスマートフォン利用者が拡大

急増するスマートフォン利用者数とビジネス対応 パソコン利用者とスマートフォン利

記事を読む



blog-625833_640
B2CとB2Bのコンテンツマーケティング比較

コンテンツマーケティングの実態 メールマガジンの発行

success-600183_640
マーケティングオートメーションの良し悪し

マーケティングオートメーション構築の鍵 企業のマーケティ

mobile-phone-630320_640
40代・50代向けのスマートフォン活用ビジネス

年代別のスマートフォンビジネス スマートフォンを頻繁に利

lockers-575373_640
クリック&コレクトを利用するネットショップ事例

クリックアンドコレクトで売上アップ ネットショップで

person-110303_640
「顧客満足体験」がビジネスの鍵になる

顧客満足度の数値化 お客様が自社で提供する 商品を

→もっと見る

PAGE TOP ↑